葬儀を遺族だけで行う家族葬が増えています。

家族葬のメリットは、参列者への対応に追われることなく、故人との最後のお別れの時間をゆっくり持てることです。




身内だけで見送るのであまり気を使うことがなく、遺族にかかる心身の負担が少なくてすみます。

家族葬は少人数で行う葬儀なので、祭壇も豪華なものを準備する必要がなく、食事代も高額にならなくてすむため、かなり費用を抑えることができます。



他には、故人が高齢になっていると、友人たちもすでに他界していたり高齢になっていることが多いので、周りの人にかける負担も少なくてすみます。



それから、最近では通夜も葬儀も行わず、火葬のみ行う直葬も増えています。


故人の強い意向の時もあれば、遺族の意向による場合もありますが、直葬は20万円から30万円ぐらいの負担でできることが多いです。




直葬は、自宅や葬儀社が用意する安置場など、ご遺体を安置できる場所を用意しなければいけないので、事前に葬儀社と相談しておく必要があります。



お寺にも事前に相談しておいた方が、後でトラブルにならずにすみます。

http://www.tokyo-park.or.jp/reien/use/new_user/request.html
http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/sougi.html
http://hakadas.yomiuri.co.jp/


Copyright (C) 葬儀を遺族だけで行うメリット All Rights Reserved.